日本と海外のネイルの技術に関する違い

ネイリストを目指していたり、すでに日本でネイリストとしての活動をしていて、さらなるキャリアアップを目指している人にとって、海外で働くことは一つの夢となっているのではないでしょうか。
ふとそんなことを考えながらネイリストの求人をチェックしている人も少なくないはず。
ただ、それを単なる夢で終わらせないためには、日本と海外の違いについて知っておかなければいけません。

ネイルの本場と聞いて思い出す国はどこでしょうか。
アメリカやヨーロッパなどの欧米をイメージする人が多いでしょう。

確かに欧米では多くの人がネイルを楽しんでいますが、ネイルの技術に焦点を当ててみると、その先進国は日本だと言われています。
日本のネイル技術はとにかくレベルが高い。
それは海外のネイリストたちも認めており、日本はこの分野では世界のトップを走っていると言っても過言ではないのです。



日本人はよく手先が器用だと言われますが、それがネイルの技術の発展に寄与していることは言うまでもありません。
そして、他の国の人にはないような発想力や想像力があり、それも新たなネイルのデザインや価値観を生み出しているのでしょう。
海外で働きたいと思ったら、まずは日本で技術を身につける。
これは決して無駄なことにはならないはず。
むしろ世界で活躍するための条件となるのではないでしょうか。

  待遇や社会的地位にも見られる違い

もしある程度の技術をすでに身につけているのであれば、海外に行ってその腕を振るうことは、キャリアを大幅にアップさせることに繋がるでしょう。

特にアメリカではネイリストの地位が非常に高く位置付けられており、待遇も日本とは比べ物にならないほど。
当然給料の面でも日本で正社員としてネイルサロンで働くよりも数倍から数十倍の収入を得ることが可能です。

セレブと呼ばれるお金持ちを相手にネイルを施せば、そのネイリスト自身もセレブの仲間入りができる点は、さすがアメリカといった感じ。
同じように、ヨーロッパでもおしゃれに気を遣う人の間でネイルが流行っています。
そうした国や地域で働くことができれば、より高い待遇や社会的地位を得ることができるでしょう。



近年、アジアでも経済成長とともにネイルに興味を持ち始める国や地域が出てきました。
こうしたところではネイリストの求人も多く出始めているものの、待遇や社会的地位という部分で見れば、日本の方がまだ優位な位置にあるのかもしれません。
ただ、それ以外のやりがいや新たなスキルを身に付けるための環境を手に入れられると考えると、そのような国々で働いてみることにも意味が出てくるはずです。